2007年03月26日

易と風水

風水の伝説では周易以前には帰蔵易(歸藏易)(殷王朝の易)、連山易(夏の易)があったとされ、風水の道具、羅盤などに使用されている。また使用する道具の八卦鏡に先天図が使用される。

その違いは八卦を配列する方法の違いであり変化させたものが周易である。また卦に河図洛書と関わる数字を当てた場合、帰蔵図は魔方陣になる。

連山易は乾坤を除いた次のように六芒星(ヘキサグラム)に配列したものであるとの説がある。

『易』は、『周易』(しゅうえき、Zhōu Yì)または『易経』(えききょう)とも言う。『易経』は、儒教の基本テキスト四書五経の筆頭に挙げられる経典である。太古よりの占いの知恵を体系化し組織化し、深遠な宇宙観にまで昇華させている。三易のひとつ。

今日なお行われる易占法の原典であるが、占いは現代の軽さとは大いに趣きを異にして、古代にあっては、共同体の存亡に関わるきわめて重要かつ真剣な課題の解決法であり、占師は政治の舞台で命がけの責任をも背負わされることもあった。

『易経』の構成

現行『易経』は、本体部分とも言うべき「周易(しゅうえき)上経」「周易下経」を中心に、これを注釈・解説する10部の書物 すなわち「十翼(じゅうよく)」を合わせた、計12部の書物からなる。

「周易」には、八卦のくみあわせによってできる六十四卦の図象と、その意味について記述する卦辞と、それぞれの卦を構成している6本の爻位(こうい)の意味を説明する384の爻辞とが、整理され箇条書きに収められ、上経(30卦を収録)・下経(34卦を収録)の2巻に分かれる。

「十翼」とは、「彖伝(たんでん)上・下」「象伝(しょうでん)上・下」「繋辞伝(けいじでん)上・下」「文言伝」「説卦伝」「序卦伝」「雑卦伝」の計10部である。

なお、1973年、馬王堆漢墓で発見された帛書『周易』(前漢初期(紀元前200年頃))写本に「十翼」は無く、付属文書は六篇(二三子問・繋辞・易之義・要・繆和・昭力)で構成されていた。

「彖伝上・下」には、「周易上・下経」それぞれの卦辞の注釈が収められている。

「象伝上・下」には、各卦の象形の意味についての短い解説と、その爻辞の注釈が収められている。易占家の間では、前者部分を「大象」、後者部分を「爻伝」、というふうに呼称を区別していることがある。

「文言伝」では、六十四卦のうち最も重要かつ基本の位置づけにある二卦、乾(けん)と坤(こん)について、詳しい訓故的な解説がなされる。

「繋辞伝上・下」には、易の成り立ち、易の思想、占いの方式、など、『易』に関する包括的な説明が収められている。
「説卦伝」では、大成六十四卦のもととなる小成八卦の概念、森羅万象をこの八種の象に分類するその分類のされ方が、詳説される。
「序卦伝」には、現行の「周易上・下経」での六十四卦の並び方の理由が説明されている。

「雑卦伝」では、占いにあたって卦象を読み解く際の、ちょっとしたヒントが、各卦ごとに短い言葉で述べられる。着目ヒント集である。

References from Wikipedia



posted by Fenshui at 20:21| 風水 財布:易と風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。